格安SIM比較サイトで人気8社を徹底比較 [2022年最新] @オークファン

ここは毎月のスマホ代が大幅に安くなる「格安SIM比較サイト」です。

毎月支払うスマホ代高くないですか・・?そのスマホ代、ほとんどの人は大幅に安くできます。

ヒヨコ

ヒヨコ

スマホ代を安くしたいけど、何をしたら良いのかよくわからないので、いろいろ聞いちゃいます!

格安SIM歴7年のシムセンです。毎月のスマホ代を安くすることにかけては、結構詳しいです。

2022年最新の格安SIMの比較情報を、できるだけわかりやすく解説するよ。

シムセン

シムセン

今までスマホ代が月6000円〜7000円だったのが、格安SIMにすると使い勝手が同じで月550円〜3278円です。

格安SIM比較サイトではスマホ代を安くする方法、格安SIMの比較の仕方、人気の格安SIM8社をおすすめ順にランキングで徹底比較します。

ヒヨコ

ヒヨコ

何をすればスマホ代が安くなるのかな?

自分で調べて、スマホを格安SIMにするとスマホの料金が大幅に安くなるよ。

シムセン

シムセン

ドコモ、au、ソフトバンク等のキャリアショップは人件費や家賃がスゴくかかるので、店員さんにお願いしても安くなりません。

格安SIMはそういった人件費や家賃をできるだけ抑えて、サポートにかかる費用を安くして、その分だけスマホの料金を大幅に安くしています。

難しく感じるかもですが、格安SIMでスマホ料金を安くするのは結構簡単です。

安くするために実際にすること

シムセン

シムセン

格安SIMを申し込むと、SIMカードが届きます。

格安SIMカード

このSIMカードを今のスマホに入れると毎月のスマホ代がスゴク安くなるよ。

今のスマホにはドコモ/au/ソフトバンクのSIMカードが入っています。

格安SIMを契約してSIMカードを入れ替えれば、安い料金プランが適用されて、毎月のスマホ代が大幅に安くなります。

6割くらいの人は今のスマホのまま格安SIMに乗り換えています。4割くらいは新しいスマホとセットに格安SIMを契約します。

eSIMなら自宅で即日乗り換え

格安SIMにはSIMカード(物理SIM)とeSIMがあります。

SIMカードは配達が必要なので、申込みから乗り換えまで3日ほど時間がかかります。

iPhone XR以降などのeSIM対応機種を持っている場合は、eSIMを選べば配達不要で即日で乗り換えられます。

格安SIMのデメリットのまとめ!後悔しない選び方

データ消費量の確認が格安SIMの比較で一番重要

ヒヨコ

ヒヨコ

格安SIMがたくさんあるけど、どれを選べばいいの?

格安SIMの比較で一番重要なのは、自分が使っているデータ容量を把握することです!

シムセン

シムセン

スマホのデータ消費量の実際
総務省:加入プランと実際のデータ通信使用量の比較

多くの人が実際に使うデータ容量よりも大きなデータ容量のプランに加入しています。データ容量の大きいプランほど、スマホ料金が高くなります。

自分に合うデータ容量から格安SIMを比較して選ぶのが、スマホ料金を大幅に安くするポイントです。

iPhoneのデータ消費量の確認の仕方

ドコモユーザ:スマホからMy docomoにアクセス → データ通信量 → 過去の利用データ通信量(当月/前月/前々月/3ヶ月前)

auユーザ:スマホからMy auにアクセス → データ利用量 → 月間のデータ利用量合計の詳細

ソフトバンクユーザ:スマホからMy SoftBankにアクセス → 右上のメニューをタップして使用量の管理/またはデータ量をタップ → 過去の通信量をタップ

Androidスマホのデータ消費量の確認の仕方

Androidスマホ → 設定 → モバイルネットワーク→ データ通信量からデータ消費量を確認できます (機種によって名称が変わります)

その他の比較ポイント

自分が使うデータ容量から格安SIMを選んだら、次に格安SIMを比較するポイントは月額料金、速度、エリア、キャンペーン内容、今のスマホが使えるかです。

iPhoneはどの格安SIMでも問題なく使えますが、キャリア版のAndroidスマホだと適した格安SIMがあります。

  • ドコモのAndroidスマホ → ahamo、IIJmioのドコモ回線、OCNモバイルONE
  • auのAndroidスマホ → UQモバイル、povo2.0、IIJmioのau回線
  • ソフトバンクのAndroidスマホ → ワイモバイル、LINEMO

エリアは楽天モバイルだけ注意が必要です。楽天回線エリア以外で月5GBを超えて使うと速度が1Mbpsに制限されます。

それ以外の格安SIMは人口カバー率が99.9%なので普通の場所に住んでいれば気にする必要はありません。

格安SIMはいろんな会社が提供していますが、実際に多くの人が選んでいるのは、そのうちの8社です。

格安SIMのおすすめランキング

  • 1位 楽天モバイル
  • 2位 LINEMO
  • 3位 povo2.0
  • 3位 UQモバイル
  • 3位 ワイモバイル
  • 4位 OCNモバイルONE
  • 4位 IIJmio
  • 4位 ahamo

人それぞれ自分に一番合う格安SIMは異なりますが、おすすめの格安SIMをランキングで紹介します。

1位:楽天モバイル、データと電話使い放題で月3278円

シムセン

シムセン

楽天モバイルは実際に使ったデータ容量で料金が変わる段階制プランです。

データを無制限に使っても月3278円の格安料金で使えるよ!

楽天モバイルならデータを無制限に使って電話をたくさんかけても、月3278円です

楽天モバイルの月額料金使ったデータ容量で料金が変わる段階制プラン
月1078円3GB以下
月2178円3GB超〜20GB以下
月3278円20GB超〜無制限

楽天リンクを使えば、時間無制限で無料で電話かけ放題です。楽天市場のポイントが最大3.5倍アップします。

サービスエリアが他の格安SIMと比べて狭いので、地下や運が悪いと建物内で圏外になる人もいますが、楽天モバイルを契約した8割の人は満足してます。

事務手数料も無料です。電話代を節約したい人、楽天市場を使う人、ギガをたくさん使う人は試してみることをおすすめします。

リスクはありそうだけど、8割の人が満足しているなら、結構大丈夫な気がする。

データ無制限で月3278円、電話料金も無料はお得すぎだよ・・。

ヒヨコ

ヒヨコ

\最大24,000円相当還元中/

楽天モバイルの料金プランとサービス内容のまとめ

楽天モバイルの最新キャンペーンまとめ

楽天モバイルのクーポン網羅でポイント増額と端末割引

楽天モバイルなら端末とセットで申し込むと最大24,000円相当お得に買えて、実質1円のスマホもあります。

どのスマホが良いか迷った場合は、楽天モバイルのスマホおすすめ機種ランキングを参考にしてみてください。

楽天モバイルのスマホおすすめ機種ランキング、人気端末が実質1円から

2位:LINEMO、コスパ最高の3GBプラン

シムセン

シムセン

LINEMOならLINEがデータ消費無しで使えて3GBプランは990円という格安料金です。

20GBプランなら900万種類以上のLINEスタンプが実質無料で使えます!

LINEMOはソフトバンクの格安SIMです。ソフトバンクと同じ快適な速度でスマホが使えます。

LINEMOの料金データ容量低速
月990円3GB (ミニプラン)300kbps
月2728円20GB (スマホプラン)1Mbps

5分かけ放題が必要な場合は+月550円です。

LINEMOはLINEがデータ消費なしに使えて、20GBプランなら1000万種類以上のLINEスタンプが無料で使い放題です。LINEユーザにおすすめの格安SIMです。

LINEMOの料金プランとサービス内容のまとめ

3位:povo2.0、基本料金0円&データトッピング

シムセン

シムセン

povo 2.0はauが提供する格安SIMです。

基本料金が0円です。データトッピングをすれば高速データ通信で快適に安くネットが使えます。

povo 2.0は一般的な格安SIMとは料金体系が異なります。

povo 2.0料金有効期限月換算
基本料金0円 (128kbps)
1GB390円7日間
3GB990円30日間3GBが月990円
20GB2,700円30日間20GBが月2,700円
60GB6,490円90日間20GBが月2,163円
150GB12,980円180日間25GBが月2,163円
データ使い放題330円24時間

5分かけ放題が必要な場合は+月550円です。

povo 2.0は基本料金が0円ですが、そのままだと128kbpsの低速です。

WiFiが無い場合や外で使う場合は1GB〜150GBのデータを購入すれば、高速データ通信で快適にスマホが使えます。

povo 2.0はうまく使えば、すごく安く使えそう・・。

ヒヨコ

ヒヨコ

povo 2.0の料金プランとサービス内容のまとめ

3位:UQモバイル、auひかりまたはauでんきで3GB990円

シムセン

シムセン

UQモバイルは、auひかり契約者、またはauでんきにできる人におすすめです。

速度が速く、余ったデータは翌月繰越、データを消費しない節約モードが便利です。

KDDIがUQモバイルのサービスを提供しているので、auと同じように快適な速度でスマホが使えます。UQモバイルならストレスなしです。どこでも使えます。

さらにUQモバイルなら、auひかり契約者、または自宅の電気会社をauでんきに変更すると、自宅セット割で月額料金が大幅割引です。

UQ通常料金自宅セット割データ容量節約モード
月1628円月990円3GB (プランS)300kbps
月2728円月2090円15GB (プランM)1Mbps
月3828円月2970円25GB (プランL)1Mbps

データ増量オプションII:月550円で3GB→5GB、15GB→20GB、25GB→30GBに増量(1年間無料)

10分かけ放題が必要な場合は+月770円です。余ったデータ容量は翌月に繰り越せます

UQモバイルは節約モードを使えば、データ消費無しで最大1Mbpsでネットが使い放題です。

月7000円払っているから半額以下になりそう。それで使い勝手が同じって、今までどんだけ無駄にお金を払っていたんだろ・・。

ヒヨコ

ヒヨコ

\最大15,000円キャッシュバック or 端末割引/

UQモバイルの料金プランとサービス内容のまとめ

UQモバイルの高額キャッシュバック完全版

UQモバイルは他社からの乗り換えの場合、スマホがかなり安く手に入ります。UQモバイルのおすすめ機種ランキングで紹介しているので、乗り換えの人は参考にしてみてください。

【コスパ重視】UQモバイルおすすめ機種ランキング

3位:ワイモバイル、SoftBank光契約者または家族で契約する人

シムセン

シムセン

ワイモバイルも人気の格安プランの一つだよ。

ソフトバンクと比べて料金が半額以下、YahooショッピングやPayPayがお得に使えるよ。

ワイモバイルはソフトバンクと同じ速度でスマホが使えます。

ワイモバ1回線目2回線目以降データ容量低速
月2178円月990円3GB( シンプルS)300kbps
月3278円月2090円15GB (シンプルM)1Mbps
月4158円月2970円25GB (シンプルL)1Mbps
※1回線目=1人目、2回線目=2人目(家族で契約など)

データ増量オプション:月550円でシンプルSなら2GB、シンプルM/Lなら5GB増量(1年間無料)

10分かけ放題が必要な場合は+月770円です。余ったデータ容量は翌月に繰り越せます

ワイモバイルならSoftBank光の料金が値上がりすることなく使えます。さらにSoftBank光契約者なら、ワイモバイルの1回線目が月1188円引きです。

ソフトバンクで15GB以下の人、ソフトバンク光、PayPay、Yahooショッピングを使っている人だと、ワイモバイルが良さげだね!

ヒヨコ

ヒヨコ

\最大20,000円相当のPayPayまたは端末割引/

ワイモバイルの料金プランとサービス内容のまとめ

ワイモバイルは端末セットが割安価格で買えます。新しいスマホが必要な場合は、ワイモバイルのおすすめ機種ランキングを参考にしてみてください。

ワイモバイルの1円端末と人気のおすすめ機種ランキング

ソフトバンクからの乗り換えだと機種代金が高くなります。ソフトバンクのスマホはワイモバイルでも使えるので、SIMのみまたはeSIMのみの申込みがおすすめです。

4位:OCNモバイルONE、新しいスマホが必要な人

シムセン

シムセン

OCNモバイルONEも最安値水準だけど、格安スマホの大幅割引セールを毎月しているので、新しいスマホが必要な場合におすすめだよ。

OCNモバイルの料金データ容量低速
月550円0.5GB240kbps
月770円1GB240kbps
月990円3GB240kbps
月1320円6GB240kbps
月1760円10GB240kbps

10分かけ放題が必要な場合は+月935円です。0.5GBプランなら最大20分の無料通話がついてきます。余ったデータ容量は翌月に繰り越せます

不定期に格安スマホが大幅割引で買えるセールをしているので、新しいスマホが必要な人におすすめです。

OCN光契約なら1GB以上のプラン料金が月220円引きです。

\格安スマホが大幅割引セール中/

4位:IIJmio、2/4/8/15/20GBが安い

シムセン

シムセン

IIJmioは格安SIMで最安値水準に加えて、家族でデータをシェアしたりプレゼントして、無駄なく使えるよ。

IIJmioの料金データ容量低速
月850円2GB300kbps
月990円4GB300kbps
月1500円8GB300kbps
月1800円15GB300kbps
月2000円20GB300kbps

10分かけ放題が必要な場合は+月700円です。余ったデータ容量は翌月に繰り越せます

IIJmioは平日昼12時台に速度が少し遅くなりますが、割と普通に使える速度は維持しています。その他の時間帯の速度はす速いです。

IIJmioを家族で契約する場合、家族同士でデータをシェアしたりプレゼントできるので、無駄なくデータを使うこともできます。

\乗り換えなら端末大幅割引/

4位:ahamo、20GBと100GBの大容量

シムセン

シムセン

ahamoはドコモのファミリー割引とみんなドコモ割の対象なので、家族でドコモを契約している人にも最適です。

ahamoの月額料金データ容量低速
2970円20GB1Mbps
4950円100GB (大盛り)1Mbps

ahamoは5分かけ放題が無料です。ドコモに残る人の料金が高くならずに、ahamoに乗り換えられます。ドコモの家族からahamoへの通話も無料です。

ドコモユーザならSIMの交換も不要で、簡単に安いahamoにプラン変更できます。

ドコモユーザならプラン変更だけでahamoに変更できるのは、楽でいいなー。

ヒヨコ

ヒヨコ

ahamoの料金プランとサービス内容のまとめ

ahamoの最新キャンペーンで10,000ポイント還元

格安SIMは他にもBIGLOBEモバイル、mineo、イオンモバイル、エキサイトモバイル、QTモバイル、NifMo、b-mobile、nuroモバイル等多数ありますが、今から選ぶ人は少ないです。

速度が他の格安SIMと比べて遅かったり、キャンペーンをしていなかったり、料金プランが少し割高だったします。

今からあえて選ぶ人は相当少ないので、おすすめの格安SIMの中から検討してみてください。

シムセン

シムセン

安い中古スマホを買って、格安SIMで使うという方法もあるよ。

最近の中古スマホは性能も良いので、新品にこだわりが無ければ、検討してみると良いです!

ざっくりまとめると、格安SIMで使う中古スマホは、SIMロック解除済みのiPhone XR以降の機種がおすすめです。

中古スマホの購入方法は下記にまとめているので参考にしてみてください。

安い中古スマホを購入して格安SIMで使う方法を徹底解説@オークファン

中古スマホの価格の相場はオークファンで調べると便利です。

格安SIMにすればスマホの料金が毎月3000円〜4000円くらい安くなります。

違約金やスマホの分割代金の支払いがある場合でも、すぐに格安プランに乗り換えるのがほとんどの場合で最善です。

一番の悪手が先延ばしにすることです

ドコモ、au、ソフトバンクユーザは乗り換え違約金がかからない

以前は更新月に乗り換えないと違約金が1万円かかりましたが、今はドコモ、au、ソフトバンクユーザならいつ他社に乗り換えても違約金はかかりません。

すでに格安SIMを使っている場合でも、ほとんどの場合でいつ他社に乗り換えても違約金はかかりません。

※ すごいマイナーな格安SIMを使っている場合は、最低利用期間が1年ある場合があります。

ドコモ、au、ソフトバンクでスマホの分割代金がある場合、格安プランに乗り換えても分割代金の支払いはそのまま継続できます。

シムセン

シムセン

ポケットWiFiを検討しているなら、おすすめは楽天モバイルのモバイルWi-Fi実質0円のお試しです。

楽天モバイルとセットで申し込むと、7,980円のモバイルルータが実質0円、いつ解約しても違約金なしです。

実際に使ったデータ量で月1078円〜3278円の段階制プランなので、すごく安くポケットWiFiが使えます。

WiMAXやポケットWiFiを検討している場合は、楽天モバイルのRakuten WiFi Pocket 2Cを試してみることをおすすめします。

楽天モバイルのポケットWiFiの評判は悪い?WiFi Pocket 2Cを実機レビュー

自宅で主に使うならドコモのhome 5Gもおすすめ

自宅で主に使う場合も、とりあえず実質0円で試せるRakuten WiFi 2Cがおすすめですが、楽天モバイルだと電波が悪い場合があります。

その場合におすすめなのが、ドコモのhome 5Gです。

月4,950円と少し高いですが、ドコモのプラチナバンド対応でどこでも使えて、速度が超速く、データ量無制限です。

ドコモのhome5Gの実機レビュー、速度と評判を実測検証[キャンペーン中]